ホーム Home
 楊名時太極拳とは
 長崎県支部のご案内
 教室の紹介
 行事予定
 メディア取材記録
 お問い合わせ
画像をクリックすると拡大→

【サイト内検索】

トップページ(活動記録・メッセージ他)
秋の演舞会 百花拳を練習しました。
[広報]
2007年10月28日(日)  稲佐山芝生広場で秋の演舞会を開催、27名の仲間で気持ち良くお稽古しました。まずは前半の八段錦、通し稽古。
10月末だというのに陽射しが強く暑いくらいでした。野外音楽堂の大きな日陰で練習することにしました。
一息入れたら、この日楽しみにしていた百花拳の練習です。
11月25日の支部大会で楊慧先生に見ていただこうと、それぞれの教室で練習してきた百花拳を合わせてみようというのが今回の演舞会の目玉。練習の成果が表れて息もぴったりきまっていましたよ! 本番まで一ヶ月、さらに磨きがかかることでしょう。
練習のあとの記念撮影。青空が濃いですね。写真をクリックすると大きい画像が出ます。[全文を読む]

指導者研修会がありました。
[広報]
2007年06月06日(水)  長崎教室で長谷川くみ子支部長による第4回指導者研修会が行われました。初めて1年くらいの方から階位の偏りなく17名が参加。空手着の人が増えたこともあって、これまでで一番多い人数でした。 

「学而不厭 誨人不倦」学びて厭わず、人を誨(おし)えて倦(う)まずの言葉を掲げ、守るべき指導の手順を確認した後、昨年の研修会で習った基本的な手型歩型をさらに細かく復習しました。最後は百花拳で終了。動きの細かい個所について知ることは楽しく、熱心に稽古する雰囲気もいつもののんびりムードとはまたひと味違っていいものでした。

第7回合同審査・研修会報告
[広報]
第7回合同審査・研修会は参加者数38名+見学数名。17名が審査を受けました。空手着の人も増えてきて嬉しいこの頃です。
第7回合同審査・研修会報告
2007年05月20日(日) 14:00〜16:30
長崎県立総合体育館 サブアリーナ
長崎県立総合体育館サブアリーナにて第7回合同審査・研修会が開催されました。よく晴れた日に、各教室からたくさんの仲間が集まっての会となりました。
早7回目となった合同審査・研修会。準備も慣れたもので、協力し合って進みました。いつものお稽古のようにストレッチで体をほぐした後、「ニイハオ」の挨拶が交わされると、ゆったりとした呼吸とともに会のはじまりです。静かに立禅、スワイショウ、前半の八段錦、24式と続いて行きます。

第7回合同審査・研修会報告2
[広報]
2007年05月20日(日)  いよいよ昇段審査です。柔らかな、美しい太極拳を全員で堪能しました。審査を受けられた皆さん、合格おめでとうございます。また、今回から審査を受けられた方へ支部長からのアドバイスをいただけるようになりました。聞いていたこちらも勉強になりました。
研修では全員で百花拳を舞いました。今回の大会プログラムには図入りの丁寧な解説が添えられています。三重の円になった私たちが、穏やかに花が開くように動いて行きます。百花拳は大勢の仲間がいてこそできるもの。大会の楽しいところです。
後半の24式、八段錦、立禅、スワイショウと会は進み、「謝謝」「再見」の挨拶で終了となりました。最後は皆でにぎやかに記念写真におさまりました。
 いつも新しい発見がある合同・審査研修会です。気持ちのいい一日となりました。秋の大会もとても楽しみです。ありがとうございました。(原野)
...
[全文を読む]

武術太極拳連盟のイベントに参加しました。
[広報]
2007年05月12日(土)  長崎県武術太極拳連盟より招待を受け、 ねんりんピック(県立総合体育館サブアリーナ於)に参加。長崎県支部の仲間19名で演舞しました。写真撮影も吉野さん。
第4回長崎県ねんりんピック〜太極拳交流会初参加レポート〜 吉野 史子(長崎教室・中伝)
 白という色は何にも染まっていないスタートのような色。鮮やかな春に咲く花々の中に、凛とした風をまとう、白い水鳥ような仲間たち。交流会という形での参加だった「第4回長崎県ねんりんピック」。私は、カメラに収めながら、舞う鳥たちに心奪われていました……。

他流派の方々の演舞、それぞれに心があり、華やかさ、鋭さがありました。流れる型の中に、剣や扇が、するると溶け込んで、剣先の描く曲線も太極拳ならではの滑らかさ。風を斬る様を初めて見ました。新鮮な風が心地よい。勢いよく「ザッ!」と開かせる扇の舞。楊名時太極拳にはない「音」が演舞に張りを与えているように見え、赤の扇子の色と共に、華やかさが際立っていました。32式、42式も見ることが出来ました。会の最後は皆さんでカンフー体操! なんとも楽しい。自然とみん...
[全文を読む]

春の演舞会報告
[広報]
2007年04月01日(日)  原城跡(南島原市南有馬町)へ春の演舞会日帰りバス旅行しました。長崎教室所属、岩崎文子さんの楽しいレポートをどうぞ。

外に出て みんな 太極拳 岩崎 文子(長崎教室・中伝) 
楽しみにしていた初参加の島原演舞会。目覚めれば、雨……。ちょっと悲しくなりながらも集合場所へ。33名がマイクロバス2台に分乗して、1号車は曽我さん&山口さん、2号車は長谷川先生&臂さん引率で定刻出発。2号車が長崎教室の方が多く、私はこちらに乗車。行きの車内は即席の長谷川ガイドさん誕生で、運転手さんの横に座り、運転手さんから仕入れたお話などを披露。名ガイドで1時間半楽しく過ごせました。先生の心づかいに感謝、感謝。お天気も、先生の気と皆の思いがきいて雨がやみ、お日様が顔を出し青空が。やったあ!
原城跡は桜が咲いて雨に洗われた木々の緑も目にあざやかで、足元もそう悪くなく、温かい陽射しのなか皆でニコニコの太極拳ができました。

記念撮影後、海沿いの道を歩き昼食場所の原城温泉真砂へ。恒例の自己紹...
[全文を読む]

イリスで演舞とミニ講習会
[広報]

2007年2月24日(土)  ランタンフェスティバルに合わせたイベントとしてイリス(九州電力ギャラリー。長崎市築町)より依頼を受け、夕方6時からと7時からの2回、太極拳の演舞とミニ講習会を行いました。

指導は長谷川支部長。お手伝いで長崎教室から3名出演しました。毎回約40名のお客さんが参加し、八段錦で楽しく身体を動かしてもらい好評でした。


第4回総会と新年会報告
[広報]
2007年02月17日(土)午後4時より、男女共同参画センター・アマランス(長崎市魚の町)にて第4回総会を行いました。支部会員77名中、参加者は24名、委任状提出は38名でした。昨年は大分県支部との交流旅行や九州ブロック大会への参加など積極的な活動が行われました。今年は長崎県支部設立から5年目ということで、初心に立ち返ることでさらなる飛躍と発展を望む年にしたいという報告がありました。

事業計画において、今年から3ヵ年計画の実施が提案されました。大会開催をA年、他支部との交流旅行をB年、中国旅行をC年とし、ABC年と3年ごとに事業計画を立てるというものです。詳細は総会資料をご覧ください。また、今まで支部役員を務めておられた梅澤幸恵さんと藤野美保さんが今回をもって任期終了となり、代わって田中勇さんと原野昭子が新役員として選出され、承認を受けました。参加者からは活発に質問や意見が飛び交いました。今後の支部の活動に大いに役立てたいと思います。ご協力ありがとうございました。

秋には楊慧先生をお招きしての大会が予定されています。ますます盛り上がる1年になることを願いながらの閉会となりました。(原野)

[全文を読む]


秋の文化祭、ふたつ。社会保険センター発表会と西公民館文化祭
[広報]
2006年11月19日(日) ながさき社会保険センターが20周年発表会をブリックホールで開催。長谷川師範と10名の仲間が大舞台で堂々優雅に24式を舞い、楊名時太極拳の魅力を充分に伝えました。

2006年11月12日(日) 西公民館で文化祭が開かれ、山口さとみ準師範と教室全員、10名が参加して演舞を披露しました。普段の仲睦まじさが伝わってくる息がぴったりあった美しさ、優しい雰囲気がすてきでした。

第6回合同審査会・研修会報告
[広報]
2006年10月29日
14:00〜16:30

長崎県立総合体育館 
サブアリーナ
晴天の秋空の下、6回目の合同審査・研修会が行われました。参加者は42名。まずはいつもどおりストレッチとお腹のマッサージでリラックス。

前半の八段錦と通し稽古を終えると、この日のために稽古を積んでこられた21名が教室や階位の偏りがないように2班に分けられ、1班ずつ審査に臨みます。心を重んじる楊名時太極拳らしく、内側からにじみ出るその人らしさが輝いた演舞に、見守る仲間からは大きな拍手が起こりました。

また '04年に開設された西公民館教室(山口さとみ準師範)に初めての階位取得者がいっぺんに6名も誕生したのは嬉しいことでした。終わりに長谷川支部長から審査を受けたひとりひとりへ、演舞に対するコメントと「おめでとう」の言葉が贈られました。

Youmeiji Taikyokuken Nagasaki all rights reserved since 2014
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
TOPページ記事数[163件] 1ページに10件ずつ表示