ホーム Home
 楊名時太極拳とは
 長崎県支部のご案内
 教室の紹介
 行事予定
 メディア取材記録
 お問い合わせ
画像をクリックすると拡大→

【サイト内検索】

トップページ(活動記録・メッセージ他)
第9回合同審査・研修会報告2
[広報]
2008年4月27日(日)
インタビューと質問コーナーでは、師家との旅の思い出など、江戸っ子の気っ風のいいユーモア溢れる語り口は、長崎っ子の心をしっかり掴みます。
師家を彷彿とさせる表演は「健康太極拳」の要を示して説得力があり会場は感動に包まれました。 後半のお稽古も先生が指導してくださり、師家直伝の稽古を堪能できる密度の濃い最高の会となりました。
午後6時半から新地京華園での「ご夫妻歓迎会」では、お二人合わせて174歳ペアで楽しまれているゴルフ談義などにも話が及び、始終和やかな美味しい祝宴でした。

第9回合同審査・研修会報告3
[広報]

太極拳演舞とミニ講習会を行いました。
[広報]
ランタンフェスティバル期間中の金曜日、2008年02月08日と15日の18:30から、今年もイリスギャラリー(長崎市銅座町2-15)で演舞とミニ講習会を行いました。
長谷川支部長ほかお手伝いで師範3名(入れ替わり)が出演。立禅、スワイショウ、八段錦の講習では大勢のお客さんが驚くほど熱心に参加してくださいました。

第5回総会、新年会報告
[広報]

2008年02月03日(日)午後3時より、長崎市民会館第5会議室(長崎市魚の町)にて第5回総会が開催されました。支部会員86名中出席者15名、委任状提出者52名でした。2007年度は新役員体制となって初めての1年でした。事業として秋の合同審査・研修会に楊慧先生をお招きしたこと、初心者向けの「一日体験講習会」を新たに支部主催として地域に開かれた講座として再出発したことなどが報告されました。
また、秋には新師範3名が誕生し、支部のますますの発展が期待される年となりました。続いて決算報告が行われ、収支状況について適正に処理されていたという監査報告がされました。2008年度の事業計画では、昨年から実施されている3ヵ年計画のB年にあたることから7月に「北海道支部20周年」行事に参加予定であること、また春の合同審査・研修会では長崎県支部設立の際にお越しいただいた今井治先生を東京からお招きすることが決定したことなどが報告されました。


ランタンフェスティバルでの太極拳指導や、公民館祭り、ねんりんピックなど支部行事以外で発表する機会も定着してきました。九州ブロック大会への参加も予定されています。2008年は支部や他流派の垣根を越えた活発な交流が行われる年となりそうです。新しい出会いがいっぱいの素敵な1年への期待をこめて閉会しました。

同日午後5時からは、日本料理草花洛(長崎市鍛冶屋町)にて21名が参加しての新年会でした。ほろ酔い加減での全員の自己紹介、豪華景品めじろ押しの福引大会と会場は大盛り上がり。

またちょうど節分ということもあり、諏訪神社に立ち寄られた喜多さんご夫妻から福豆を全員に分けていただきました。終始賑やかに語りあい、楽しい新年の幕開けとなりました。 (原野)


楊名時太極拳 2007年長崎県支部大会 〜楊慧先生をお迎えして〜
[広報]

楊名時太極拳

2007年長崎県支部大会

〜楊慧先生をお迎えして〜

第8回合同審査・研修会

2007年11月25日(日)

受付●午後1時15分 開始●午後1時30分

県立総合体育館 サブアリーナ

  (長崎市油木町7-1 tel.095-843-6521)

参加費●支部会員500円 一般1000円

    ※観覧席からの見学は無料

楊 慧先生プロフィール

よう・けい。NPO法人日本健康太極拳協会監事。 楊名時太極拳師範。師家・楊名時に師事し、カルチャーセンターや企業などで指導にあたる。 楊名時の長女でもあり、テレビ、雑誌を通じて幅広く活躍中。 監修・出演DVDに『楊名時のさわやか太極拳』 『キレイになる太極拳・八段錦』(NHKエンタープライズ)、『DVDで覚える 健康太極拳』(新星出版社)などがある。


2007年長崎県支部大会 〜楊慧先生をお迎えして〜
[広報]

ごあいさつ

●長崎県支部長 長谷川くみ子

楊名時太極拳は中国古来の太極拳に日本文化の要素を加えた独自の太極拳です。私たち日本人の心にひびく静かでゆったりとした動きが特徴です。創始者・師家・楊名時先生は太極拳を通して日中友好にその生涯を捧げつくされました。

支部設立5年目を迎え、師家の心と技を受けつぐ楊慧先生に2年ぶりにお出でいただくことになりました。中国との深くて長い交流の歴史を持つ長崎の地で、共にお稽古できることは、たいへん意義深いことです。女性ならではのしなやかで美しい演舞は見る者を魅了します。その「気」にじかに触れることで太極拳の真髄を説き明かす鍵を手に入れることができるのではないでしょうか。「天の時、地の利、人の和」実り多い一日になりますよう、皆さまのご参加、心からお待ちしています。

大会レポート

2年ぶりの大会は、穏やかな秋晴れに恵まれ、見事な紅葉が彩りを添えました。参加者は67名、湯布院から中溝健二大分県支部長、武術太極拳連盟の海原一博さんも駆けつけてくださいました。また20名程の見学者がありました。会場入口にチラシと同柄のポスターを貼りました。いよいよ開会、慧先生を拍手でお迎え、前半のお稽古をつけてくださいました。


2007年長崎県支部大会 〜楊慧先生をお迎えして〜
[広報]
2007年11月25日(日) 
次に審査です。26名が2組に分かれて演舞します。真剣な眼差しを暖かく見守ります。
途中やり直すというアクシデントも、「一生懸命やったのだからそれでいいのですよ」と名時先生のお声が聞こえてくるようでした。
「全員合格です」慧先生の声でみなの緊張の糸がほぐれます。 
ここで新師範3名への免状授与があり、思いがけない感動の一幕となりました。
慧先生から免状を受け取る山口さとみ新師範。嬉しそう。

2007年長崎県支部大会 〜楊慧先生をお迎えして〜
[広報]

2007年11月25日(日)「インタビューと質問コーナー」では幼い頃の師家との思い出など興味深いお話も交えながら、質問にもひとつひとつ真剣に答えてくださり、慧先生の新たな魅力の一面も知ることができました。 

美しい模範演舞は静寂の中醸し出される気品が会場を包み込み、空気が澄みわたってゆきました。お返しにと、この日のために稽古を積んだ四重円の百花拳にお褒めの言葉を頂戴し、笑顔と拍手が湧きあがりました。

サイン会は用意した30冊も完売、最後まで慧先生ありがとうございました。

心を一つに共に稽古することでわかる「気」の力と魅力を再確認できた1日でした。参加してくださったみなさんに心から謝謝!


地元テレビで長崎県支部大会を宣伝
[広報]
おまけ…地元テレビで長崎県支部大会の宣伝をしました 。
11月25日の長崎県支部大会は慧先生の演舞をじかに観られるめったにない機会、ひとりでも多くの方に足を運んでほしいと、11月19日(月)、KTNテレビ長崎で夕方放映される番組「できたてGopan」のお知らせコーナーに長谷川くみ子支部長、山口さとみ副支部長が新柄の支部Tシャツをお揃いで着て出演しました。
にっこり笑顔の名コンビ、山口副支部長(左)と長谷川支部長(右)

Youmeiji Taikyokuken Nagasaki all rights reserved since 2014
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
TOPページ記事数[163件] 1ページに10件ずつ表示